JMYS 日本模型ヨット協会



カテゴリ:[ 趣味 ]


新着順:61/143


[83] 掲示板お借りします

投稿者: 悟空 投稿日:2018年 8月18日(土)14時11分51秒 p375135-ipngn200702kobeminato.hyogo.ocn.ne.jp  通報   返信・引用

ラジコンヨットへの想い
「速くなりたい!ラジコンヨットで世界に通じる様になりたい。」

まだ若かった10代の後半に読んだ堀江謙一の「太平洋一人ぽっち」に憧れ、いつか世界一周へ!との夢を持ちながらもキールボートでのレースに熱中した20代後半、ラジコンヨットに出会った30代、それから、RCヨットを続けて来て60代後半になった今夢見る世界選手権大会の日本開催。
 2015年に参加したIOM世界選手権大会は1990年にイギリスで開催されたマーブルヘッド世界選手権大会以来、25年振りでした。これまでの間、JMYSの諸先輩の方々に艇を作って貰い、レースタクティクスを教わったお蔭で、ここ数年国内の選手権では上位入賞できるようになったのを機に、日本のRCヨット界のトップスキッパーでビルダーでもある岡田氏と共に勇躍、世界選手権に参加をしたところ、戦績は76名中75位!何と下から2番目! 岡田氏も同じような戦績で、悔しく情けない結果に、これまでの10年間一体何をしていたのかと二人とも本当にがっかりしてしまいました。 レースが始まって数日は調整が間違っているのかと二人で思いつく限りを試してみましたが他艇に置いて行かれることは変りませんでした。何故?なんで!との思いを抱きながらの工夫も効果が無く、一週間の大会が終ってしまいました。それ以後今年迄4年続けて国際大会に参加してきて、自分が何故?と思ってきたこと、その原因が間違いないとの確信に変わりました。
走り負ける原因は?尽きるところはレース水面の違いにあります。国際大会では、
①風上と風下マークの距離が150~200m前後と国内より長くとっています。
②使用する水面が大きく広くその周りが開けています。
たったこれだけの違いですが、長い距離を開けた水面で、大きく振れる事のない風の中で速く帆走するようにする為には、自分がやって来た国内の振れ回る風に合わせやすい、ややウエザー気味の調整ではダメな事に気付きました。
セールを浅くしてスピードが上がるようにして、尚且つ速度を落とすことになる、“当て舵”をしない様
に調整します。特に注意がいるのはウエザーヘルムにならない様にそしてリーヘルムにもならない様に。
私は、10年位前から機会あるたびに“広い水面でやりませんか!と提言をしてきましたが、諸事情により実現しませんでした。このままでは、日本のレベルが遅れる一方!との思いに駆られ、国際水準に追い付くには一刻も早く国際レベルに遜色ない様な水面を使ったレース運営が待たれます。
せめて全日本選手権大会は広く開けた水面でのレース開催を望むところです。
国際大会に参加したときに、世界の一流選手と言われる、ブラッドギブソン、ズボンコさん達に教わった事を出来る限り日本の皆さんにも伝えて行きたい、そして日本から世界チャンピオンに挑戦できるスキッパーを輩出できるような環境を作りたいとの思いで、国際大会が出来るような条件を備えた水面を探し続けていた所、RCヨット仲間の静岡の方々に偶然にも見つけて頂き、また交渉等々に尽力して頂いたお蔭で、天竜川の河口の傍にある(今知っている限り)最適な水面を見つける事が出来ました。
竜洋B&G海洋センター(しおさい湖)です。この海洋センター(しおさい湖)では子供たちを始め一般にもディンギーやカヌーのスクールを開催しており、RCヨットにも深い関心を持って頂き水面の使用はもとより、設営道具の保管に艇庫の使用許可も頂いています。名前は“しおさい湖”ですが、塩分は舐めても苦くない程度の汽水です。とは言っても使用後の艇の洗浄は必要です。
料金面では今の所入場料は無料です。更に駐車場も無料、水面の使用料も無料です。(将来は分かりませんが)。このセンターの所長さんからは、ラジコンヨットの“メッカ”に成るくらいに、どんどん利用して下さいと、何ともうれしいエールを送って頂いています。
上記の様にラジコンヨットの拠点と、なり得る条件と環境が揃っています。更に隣接する竜洋海洋公園にはキャンプ場、オートキャンプ場、コテージなどの宿泊施設の他、温泉、レストラン、幼児広場、アスレチック遊具、テニスコート、野球場等々家族連れでも楽しめる環境が揃っています。
ヨットに最も肝心な風向と風速は今迄行ったお試し帆走会合計5日間の内一日だけ0~2mでしたが他3日間は右から左(西→東)4~10m 半日は北→南4~7mでした。気象庁の過去のデータを見てもこれを伺えます。南方向にある堤防の向こうは太平洋なので、ほぼ年中、コースを左右に設定でき、IOMで言うとAからCリグまで使う適度な風が吹いています。やはり海に隣接しているからでしょう。

是非皆さん一度お試しにいらして下さい。
磐田市竜洋海洋公園 http://www.ryuyo-kaiyopark.jp/


新着順:61/143


お知らせ · よくある質問(FAQ) · お問合せ窓口 · teacup.レンタル掲示板

© GMO Media, Inc.