teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

スレッド一覧

  1. 足あと帳(0)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:6/17 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

《高齢者の認知症の対応の仕方》

 投稿者:明美さん  投稿日:2018年10月24日(水)22時37分4秒
  通報
  家族に認知症の方がおられたら,振り回されて大変です。
どう接していいのか分からなくて,かなりのストレスになられている方もおられます。

介護をされている方のヒントになりますように。

①プライドや自由意志を尊重して,年齢相応の経緯を持って接しましょう。
もし,自分が年を取って認知症になったら,どんな対応をしてもらいたいでしょう。
長年生きてきた中でプライドがあります。
あかちゃん言葉で話しかけられるのも心外かも。
見下した態度,憐れむ態度,馬鹿にしたような言葉遣いには敏感である事が多いです。

②できるだけ環境の変化を避け,慣れ親しんだ状況の中で生きられるようにしてあげましょう。
新しい事を覚えたり,環境になれるのが苦手になったりする為,
普段と異なる環境に置かれるとストレスになられます。
本人が嫌がるのに旅行に連れ出すなどは状態の悪化を招く事になるかもしれません。

③出来る事,好きな事,得意な事はしてもらいましょう。
出来た事は評価して感謝してあげると喜ばれますね。
出来ない事や問題の事に注意向けがちだけど,
いい所探し,出来る所探しをし,認めてあげる事が励みになられます。

④心と体をよく見てあげましょう。心と体は繋がっています。
心に異常があったら体に変調がないか注意しましょう。
逆に,体に病気があったら,心に影響がないか気を配ってあげましょう。

⑤表情や口調,まなざしや身体的な触れ合い,ちょっとした機嫌の変化や全体的な雰囲気など,言葉でない表現を大切にしましょう。
特に言語機能が低下している時に,
言葉で伝えられる以外の様子をキャッチする事が大切です。

⑥誰かの役に立っている事を実感してもらいましょう。
人生の目標を持ってもらって,
自分が生きている事は無駄でないという生きがいを実感してもらいましょう。
そうすることで,認知症でも意欲的に生きて行く事が出来ます。

⑦記憶障害に対しては,
無理に思い出させたり本人の言う事を否定したりせず,
忘れるという特性を利用して,
注意や関心をより魅力的な物に向けて忘れさせやすくするという工夫が必要です。
困る行動がある時も,
無理矢理止めさせようとしても難しい事が多いので,
それよりも魅力的な課題を与えてやってもらう中で
問題行動を減らす方が上手くいく場合が多いです。


⑧泥棒など妄想に怯えておられる場合は,
ひとまず別室に避難させて,
泥棒は追っ払ったから大丈夫と言ってあげます。
物を盗られたという妄想には,
無くした物を一緒に探しながら,
本人に見つけさせてあげましょう。
「ここにありますよ」と渡すと「やっぱり盗っていた」となる事があります。
事実はどうかと争うより,
本人の不安を減らして納得しやすい対応をしてあげましょう。

⑨ボケているから病院に行こうとか薬を飲もうと納得するよりも,
「認知症を予防するために今から専門家に相談しておこう」
「予防のために薬を飲んでおこう」というと納得してくれやすいです。
もしくは,家族の人がとりあえず病院に行って相談するのもありです。

⑩本人が安心できる状況を作り,穏やかな気持ちで機嫌よく過ごせる時間を増やしてあげます。
本人がどういう時に安心されるのか機嫌が悪いのかを観察して,
機嫌よく過ごせる状況を作ってあげる事で,
穏やかに過ごされる事が出来ます。

⑪お医者さんと相談の上,お薬の対応もありです。

また,介護をしてる方も,
一人で抱え込まずに施設を利用したり,
ケアマネやカウンセラーなどに相談をしたり,
自分の時間を時には作って,
ゆとりとユーモアを持って関わる事で,
認知症の方も合わせ鏡のように穏やかになられる事になると思います。
 
 
》記事一覧表示

新着順:6/17 《前のページ | 次のページ》
/17