teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


熊鈴

 投稿者:セフコT(管理人)  投稿日:2017年 6月 4日(日)21時25分30秒
返信・引用
   今日は熊鈴を買いにモンベルへ。熊鈴はこの前の青田南葉山のあわや遭難で無くしたのだ。ないと困るので買うことにしたのだが、最近のニュースを聞いていると最近の熊には熊鈴は効果ないとか。それでいろいろネットで調べると熊鈴でも高音の出る鈴でないと熊には聞こえないとか。それと登山者の中には鈴の音をうるさいと感じる人が結構いるとか。

 モンベルの熊鈴はその両方が揃っているようだ。音は高音でワンタッチで音も消せる。値段も少し高かったが効果のないものを買っても仕方ないので買うことにした。でも高音の熊鈴は私でもうるさいと感じるが果たしてどうだろう。
 
 

赤城山

 投稿者:セフコT(管理人)  投稿日:2017年 6月 3日(土)17時44分0秒
返信・引用
   今日の天気予報は新潟は曇り雨、関東は晴れ。天気図を見ると冬型のような気圧配置だ。この季節でも冬型になればこういう天気になる。それで冬でもないのに晴れを求めて関東へ。選んだ山は赤城山。シロヤシオが咲きそうな篭山・長七郎山へ。ついでに地蔵岳も周遊した。

 シロヤシオは見頃には少し早い感じだったが、それでもきれいに咲いていて満足。トウゴクミツバツツジは終わりかけだったがこれもきれいに咲いていた。長七郎山山頂からは富士山・南アルプス・八ヶ岳・北アルプスまで見渡せての大展望。筑波山やスカイツリーも見えた。
 

加茂水族館

 投稿者:セフコT(管理人)  投稿日:2017年 5月28日(日)19時13分52秒
返信・引用
   今日は次女を連れて山形県鶴岡市の加茂水族館へ行った。次女の仕事はカレンダー通りではなく今頃GWの代休で5連休。それで今日は次女を連れて遊びに行った。加茂水族館は愛称「クラゲドリーム館」。名前の通りクラゲに特化したことで人気になっている水族館である。他にアシカショーもあって楽しめる。

 クラゲはすごい種類があって、ゆらゆら動く様は癒やされる。クラゲには脳がなく、何も考えないそうだ。そんなクラゲを見ているとこちらも何も考えないでいいような感じで見ていて飽きない。そんなクラゲを見たあとで館内のレストランでクラゲ御膳を頂いた。コリコリしていておいしかった。
 

青田南葉山で道迷い、あわや遭難

 投稿者:セフコT(管理人)  投稿日:2017年 5月21日(日)16時23分43秒
返信・引用
   今週も新緑と残雪とお花を求めて青田南葉山を登りに行った。木落坂コースを登り明神沢コースを下る予定で登ったが、明神沢コースを間違えて籠町南葉山方面へ行ってしまい、そこから道に迷ってさまよい、あわや遭難。明神沢コースは残雪があると迷うやすいとガイドブックやネットの報告にも載っていたのでどうしようか迷ったが。修理に出していたGPSも治ったので大丈夫だろうと進んだ。

 GPSを持っていても道に迷うとはどういこうことと思ってしまうが、GPSの画面は小さく山全体を把握するのが難しい。これはカーナビでも同様で、そういう意味では紙の地図のはかなわない。山には紙の地図を持っていくがそれはガイドブックのコピーで地図は小さくこれもわかりにくい。

 ただGPSを持っていたからこそ、迷った所から元に戻ることが出来たことも確かだ。GPSをもっているからこそ冒険をし、GPSを持っていたからこそ無事帰って来れた。GPSを持つことのジレンマである。

 結局6時間もさまよい、下山したのは午後5時35分。行動時間9時間25分。歩いた距離は15㎞以上。累積標高は1419mにもなった。いつも4時間5時間程度の山しか歩いていない我々には相当ハードだった。このままでは帰れない、死ぬかもそれないと危機感がいつも以上の力を出させたように思う。
 

大洞原の菜の花畑

 投稿者:セフコT(管理人)  投稿日:2017年 5月21日(日)16時21分53秒
返信・引用
   昨日は上越市の青田南葉山に登った。登る前に妙高市大洞原の菜の花畑を見に行った。妙高山は午後になると逆光になるので早朝がいいだろうと登る前にした。菜の花はまさに満開で残雪の妙高山をバックに青空に映えてとてもきれいだった。  

下権現堂山

 投稿者:セフコT(管理人)  投稿日:2017年 5月14日(日)17時48分54秒
返信・引用
   今日の天気予報は微妙だった。新潟県内は曇りのち雨。でもヤフーのピンポイント予報では午前中は晴れで夕方からは雨。ただ予想天気図を見るとすっきり晴れそうにない。それで近場の山でお花が見られるのはどこかと考えて下権現堂山に行くことにした。アズマシャクナゲが見頃のはず。

 実際は予報に反して朝から快晴。これはもうけものだった。ユキグニミツバツツジやタムシバ、そしてアズマシャクナゲもすべて見頃というか満開だった。それが青空に映えてまさに絶景だった。この時期の新潟の里山は全山お花で覆われる夢のような空間になる。それに新緑と残雪まで見られるのだから文句のつけようがない。
 

八石山

 投稿者:セフコT(管理人)  投稿日:2017年 5月 7日(日)18時17分7秒
返信・引用
   GW最終日も晴れの予報。でも黄砂が飛ぶようで大展望は期待出来ない。それならお花を見に行こうと八石山に行くことにした。南条追田登山口から八石山に登るのは10年ぶり。八石山はカタクリが群生することで有名で、前回はその頃登った。

 八石山はシラネアオイとニリンソウも咲くようだ。時期的に見頃かわからなかったが、どちらも満開だった。ニリンソウがこんなに群生して咲いているのを見たのは初めてだった。まさに一面ニリンソウ。その中にシラネアオイが咲いている構図も初めてだった。
 

GPS不具合

 投稿者:セフコT(管理人)  投稿日:2017年 5月 4日(木)18時30分22秒
返信・引用
   昨日の山でGPSの不具合が発生したので帰ってから色々と試してみた。どうも地図ソフトが入っているMicro SDカードに問題がありそうだった。なのでその地図ソフトを買い換えれば動くような感じだ。それで今日山屋さんに地図ソフトを買いに行くことにした。

 いま持っているGPSはモンベルで購入したのでモンベルで買おうと思ったが、いま好日山荘で上半期大決算セールを行っているのでまずそちらに寄ってみることにした。全品10%オフなのだが、もしかしたら地図ソフトは割引対象外かもしれない。在庫もないかもしれない。そしたらモンベルに行こう。

 好日山荘で店員の人に地図ソフトの在庫を聞いたら、ないとのこと。取り寄せになる。でも10%オフは有効とのこと。地図ソフトは高額なので10%オフは大きい。でも取り寄せとなると時間がかかる。どうしようか迷っているうちに店員の人にGPSの症状を説明した。そしたらメーカーに修理依頼をした方がいいのではという話になった。

 新しい地図ソフトを買っても動く保障はないのでそれが一番いいように思った。ただメーカー送りとなると尚更時間がかかる。晴れれば毎週でも山に行きたい。GPSなしの山行は嫌だな。でもしょうがないと修理に出すことにした。さていつどんな形で戻ってくるのだろうか。
 

斑尾高原2

 投稿者:セフコT(管理人)  投稿日:2017年 5月 3日(水)17時57分57秒
返信・引用
   GW後半初日。たぶんGWの中で一番混みそうな日だ。なので出かける予定はなかった。でも快晴の予報だ。週間予報だと今日が一番いい。それならば出かけないわけにもいかない。でも混雑は避けたい。ということで3日前、途中撤退した斑尾高原・袴岳をリベンジすることにした。

 予定では袴岳から柏ヶ峠に下って赤池まで周遊するつもりだったが、実はGPSが不具合で使えなくなったのだ。それでGPSなしでトレースのない残雪歩きは危険なので万坂峠からの往復にした。それで時間が余ったので3日前に行ったばかりだったが、またしても沼の平湿原に水芭蕉を見に行った。

 たった3日でも随分と雪解けが進んだ感じでちょっと別の場所に来た雰囲気だった。3日前には咲いていなかったタムシバも見ることが出来た。なのでそれはそれでよかった。ただ快晴の予報だったが薄い雲がかかりちょっと空の青さが足りなかったのは残念だった。

 帰りは上信越自動車道の渋滞を見上げながら国道18号を北上。国道も渋滞しそうになったので県道に迂回して柿崎ICから高速に乗った。もちろん高速で渋滞はなしだった。
 

斑尾高原

 投稿者:セフコT(管理人)  投稿日:2017年 4月30日(日)18時13分34秒
返信・引用
   GW前半2日目、快晴の予報だ。さてどこに行こうか。メジャーな山は混みそうだ。斑尾高原観光協会のHPに沼の原湿原に水芭蕉とリュウキンカが咲き始めたと書かれてあった。今年は残雪もたっぷり残っているとのこと。ということで斑尾高原の沼の原湿原と袴岳を登ることにした。

 沼の原湿原は駐車場まで除雪が完了しているので車で行けばすぐだがそれではおもしろくないので湿原西トレイルを歩いて行くことにした。と言ってもトレースはなく地図とGPSを頼りに雪原を歩くことになった。これはなかなかスリリングだった。お目当ての沼の原湿原の水芭蕉とリュウキンカはきれいに咲いていた。

 その後は赤池ぶな林トレイルから袴湿原トレイルを通って袴岳へ登る積もりが、赤池ぶな林トレイルがちょっと急斜面だったので車道を歩いた。そしたら随分と遠回りになり結構消耗した。それで袴岳はパスして袴湿原までとした。ちょっと中途半端な歩きになったがほとんどトレースのない残雪歩きはそれなりに楽しかった。
 

レンタル掲示板
/160