teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:2/1600 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

平標山

 投稿者:セフコT(管理人)  投稿日:2017年 8月 6日(日)18時19分3秒
  通報 返信・引用
   遅れていた新潟県も梅雨明けして、さあ夏山だと思ったら週末は不安定な天気だ。長野県・群馬県の高い山に登りたいと思ったが曇りの予報。新潟県は晴れだが真夏に登れる山は限られる。猛暑日予報も出ており、手軽に登れる高い山ということで平標山にした。

 涼しい朝早く登ってお昼前に下山したい。当然仙ノ倉山はパス。まともにガッツリ登るのは6月17日の黒斑山以来だ。お盆にテント泊も考えているのでここら辺で高い山に登っておかないとと思ってトレーニングのつもりで平標山に登る。標高差1000mはトレーニングにはちょうどいいが、真夏の平標山はきつかった。

 朝は晴れていたが稜線はガス。6月7月のハクサンイチゲ・ハクサンコザクラの時期は何度も登っているが8月は初めて。花は咲いていないかと思ったら、お花畑がずっと続いていた。ハクサンシャジンとシモツケソウが群生がすごい。他にはハクサンフウロ・ヤマハハコ・キオン・ウツボグサ・ソバナ・ヨツバヒヨドリ・ワタスゲ・キンコウカ・ニッコウキスゲなどなど。展望はなくても予想以上に楽しめた。帰りの関越自動車道の外気温計は36℃だった。
 
 
》記事一覧表示

新着順:2/1600 《前のページ | 次のページ》
/1600