尾 瀬 の 今



カテゴリ:[ 海/山/自然/アクティビティドライブ ]


17件の内、新着の記事から10件ずつ表示します。


[17] 高尾山のごみ対策

投稿者: 須賀 投稿日:2017年 4月 1日(土)09時37分38秒 202-72-65-41.koalanet.ne.jp  通報   返信・引用

高尾山のごみ対策の記事が、載っています。

http://www.homes.co.jp/cont/press/buy/buy_00626/




[16] 北海道、山岳トイレ

投稿者: 須賀 投稿日:2017年 3月31日(金)08時48分42秒 202-72-65-41.koalanet.ne.jp  通報   返信・引用

北海道新聞(トムラウシ山環境改善)
http://dd.hokkaido-np.co.jp/news/area/doto/1-0384535.html

https://www.oze-fnd.or.jp/archives/62812/



[15] 至仏山暫定利用ルール

投稿者: 須賀 投稿日:2017年 3月29日(水)08時42分28秒 202-72-65-41.koalanet.ne.jp  通報   返信・引用

~平成29年シーズン「至仏山利用ルール」(暫定版)掲載のお知らせ~【H29.3.28掲載】
至仏山の利用に関する最新情報は、尾瀬保護財団ウェブサイトの次のページにて順次、公表しますのでご利用ください。
~平成29年シーズン「至仏山利用ルール」のお知らせ~
https://www.oze-fnd.or.jp/archives/62812/





[ 2017年3月28日 ]

https://www.oze-fnd.or.jp/archives/62812/



[14] 尾瀬のツキノワグマの通り道

投稿者: 須賀 投稿日:2017年 3月23日(木)19時27分3秒 202-72-65-41.koalanet.ne.jp  通報   返信・引用

月刊誌、山と渓谷の4月号に、「尾瀬のツキノワグマの通り道」
の記事が載っていました。 151ページです。



[13] 会津駒の歌

投稿者: 須賀 投稿日:2017年 3月 1日(水)09時21分51秒 202-72-65-41.koalanet.ne.jp  通報   返信・引用

たまには、音楽でも。

駒の小屋ストーブ燃えて
https://www.youtube.com/watch?v=TMwlakVz8wo

会津駒ヶ岳・・・夏
https://www.youtube.com/watch?v=vcHgHEsL-QM

この夏は駒の小屋にいます
https://www.youtube.com/watch?v=LswgrwNFVMY



[12] 尾瀬のマナー

投稿者: 須賀 投稿日:2016年12月27日(火)15時07分51秒 118-87-112-42.koalanet.ne.jp  通報   返信・引用

尾瀬保護財団より、外国人向けマナー動画が、ユーチューブに
乗りました、

https://www.youtube.com/watch?v=_TIZHdn0M68



[11] 写真展

投稿者: 須賀 投稿日:2016年12月 1日(木)11時13分7秒 118-87-112-42.koalanet.ne.jp  通報   返信・引用

第21回NHK「わたしの尾瀬」フォトコンテストには、「風景」「動植物」「人」「保護」の4部門に全国各地から786点の作品が寄せられました。
この写真展では、その入賞作品50点を大型パネルで展示するとともに、尾瀬を紹介したパネルやVTRコーナーも設けています。魅力あふれる尾瀬のすばらしさ、そして自然の大切さを実感していただければ幸いです。皆様のご来場を心よりお待ち申し上げます。
主催:NHK「わたしの尾瀬」実行委員会(NHK前橋放送局、NHK福島放送局、NHK新潟放送局、(公財)尾瀬保護財団)
後援:群馬県、群馬県写真材料商組合、福島県写真商業組合、新潟県カメラ写真商組合、尾瀬山小屋組合、尾瀬ガイド協会、上毛新聞社
協賛:フジカラープロフォトセンター、富士フイルムイメージングシステムズ、リコーイメージング、カメラザック ラムダ、タムロン、Foxfire
【高崎展】
■期日/平成28年12月9日(金)~12月14日(水) 10:00~17:00
(最終日の14日は16:00まで)
■場所/高崎シティーギャラリー 第2展示室
(高崎市高松町35-1)
■URL/http://www.takasaki-bs.jp/gallery/index.html
■その他 12月9日(金)15:30~16:30 高崎シティギャラリー1Fコアホールにおいて、審査員による作品解説と尾瀬リポート(今シーズンの振り返り)を開催します(申込不要)
■入場料/無料



[10] 登山道修復

投稿者: 須賀 投稿日:2016年11月22日(火)08時52分59秒 118-87-112-42.koalanet.ne.jp  通報   返信・引用

登山道修復、自然に学ぶ 環境重視の工法で男性起業
2016/11/21 11:41
日本経済新聞 電子版
 登山ブームを背景に山に入る人が増え、全国で登山道の崩壊が問題化している。北海道で山岳整備会社を立ち上げた岡崎哲三さん(41)は自然に学び、環境や生態系を重視する工法を提唱、自治体や登山者と共に修復に励む。
 「山に傷ができたみたいだ」。10月上旬、大雪山系旭岳につながる登山道を岡崎さんは深刻な表情で見つめた。深いぬかるみ、のり面の崩れ、朽ちた木道――。歩きにくくなった本来の道を避け、登山者が脇を歩くと道幅は広がり、道端に咲く高山植物も消えていく。
 崩壊は大雪山系の登山道計約300キロの至る所で見られる。登山者が歩くと地面がくぼみ、そこに流れ込む水がさらに土を削る悪循環だ。
 約20年前に大雪山系黒岳の山小屋で管理人を務め、惨状を目の当たりにした。崩壊を食い止めようと2011年に合同会社「北海道山岳整備」を設立し、本格的に登山道整備を始めた。
 歩きやすさだけを考え、等間隔のコンクリート製階段など画一的な施工が目立った従来の方法に代わって用いるのは「近自然工法」。スイスで生まれた河川工法で、約10年前に登山道の整備にも導入された。
 「登山道は川である」「必要以上に施工せず、構造は自然界から学べ」。岡崎さんが師と仰ぐ同工法の先駆者、故福留脩文さんの教えだ。自然の姿に戻すことを目指し、水の勢いを弱めるなどして崩壊の原因を取り除き、道を長持ちさせる。
 登山者はどこを歩くか。どう排水すれば道に水があふれないか。水の流れを観察し、自然をまねる。現地の石や木で段差を作り、景観を守る。「『どこを直したの?』が一番の褒め言葉。ばれないようにやりたいんです」と岡崎さんは笑う。
 近年、環境省や自治体が登山者のボランティアを募り、登山道を整備するイベントも盛んだ。旭岳中腹で9月上旬に開かれたイベント「たまには山に恩返し」では、32人の参加者が木材を運び上げ、段差の解消や木道の交換作業に汗を流した。
 主催した北海道上川総合振興局の佐藤公一さんは「道が崩れた時に人力で維持管理できるのも魅力。近自然工法を多くの人に知ってほしい」と話す。来年度も続ける予定だ。
 近自然工法による登山道修復は、東北地方の飯豊朝日連峰や小笠原諸島、徳島県の剣山などに広がっている。岡崎さんは「地元の山を地元の人が継続して直すのがいい。登るだけじゃなく、直すのも一つの楽しみ方です」と話している。〔共同〕



[9] シーズン最後の尾瀬

投稿者: 須賀 投稿日:2016年10月28日(金)15時07分6秒 118-87-112-42.koalanet.ne.jp  通報   返信・引用

10月27日会津駒ケ岳へ行ってきました、前日19時半に家を出発23時半
ミニ尾瀬公園に着き仮眠(雨がパラパラ降っていました翌日に期待)
6時半ごろまだ降っていましたので帰ろうかと考えていると晴れ間が出てきたので出発
7:30登山口出発(日が出て汗をかく)~8:50水飲み場(テルモスを忘れたので水を少し補給)~
10:10駒ノ大池(駒の小屋)~10:35駒ヶ岳頂上
途中からガスがかかり寒かったです、枯草は霜がかかり凝っていました。



[8] H28尾瀬アカデミー

投稿者: 須賀 投稿日:2016年10月10日(月)19時20分9秒 111-90-57-140.koalanet.ne.jp  通報   返信・引用

10月8~9日第2回尾瀬アカデミーへ、参加してきました、1日目は霧雨が少し降る程度でしたが、
2日目は、少しパラパラと降られました。


レンタル掲示板
17件の内、新着の記事から10件ずつ表示します。

お知らせ · よくある質問(FAQ) · お問合せ窓口

© GMO Media, Inc.