JMYS 日本模型ヨット協会



カテゴリ:[ 趣味 ]


74件の内、新着の記事から10件ずつ表示します。


[74] Re. 匿名

投稿者: J812藤井 投稿日:2018年 4月 5日(木)12時12分13秒 news.organo.co.jp  通報   返信・引用

彩湖の掲示板で回答させて頂きました。よろしくです。




[73] 匿名

投稿者: 匿名 投稿日:2018年 4月 4日(水)19時46分3秒 p17159-ipngn9102marunouchi.tokyo.ocn.ne.jp  通報   返信・引用

ラジコンヨットを始めようと考えています。シーウインドの購入を考えているのですが、この商品(クラス?)は、分解すれば電車で運べるのでしょうか? 電車運搬に適したバッグ等はあるのでしょうか? 電車で運んでレース会場に来る方はおられるのでしょうか? 教えていただけますようお願いします。 



[72] 協会のあり方2

投稿者: 伯井麻央 投稿日:2018年 4月 3日(火)17時09分40秒 KD182249244042.au-net.ne.jp  通報   返信・引用

JMYS様

いつも大変お世話になっております。
NCAと話し合いの結果次第では、全日本ワンメーター級と名前を変更するかもしれない  とありますが
これもおかしな話だと思います。
つまり、ワンメーターのクラスルールが使えないと言う事でしょうか?
そうであれば、クラスルールを無視してもOKと解釈します。この様なレースには、参加出来ないです。
ワンメータークラス協会とJMYSの関係は、どの様になっておるのでしょうか?
ワンメータークラス協会とJMYS様からの回答を待ってます。



[71] 協会のあり方

投稿者: 伯井麻央 投稿日:2018年 4月 3日(火)15時17分36秒 KD182249244042.au-net.ne.jp  通報   返信・引用

JMYS様

いつも大変お世話になっております。
選手は、JMYSの会員である事が当たり前です。
理由は、RRSのルール使わせてもらう為です。
JMYSがレガッタを承認しないとRRSは、使用出来ません。
また、クラス協会に入らないとクラスルールを使う事は、出来ません。
まずは、この常識を持ってください。
各協会が話しあって溝を無くして下さい。
よろしくお願いします。



[70] 日本IOMクラス協会について

投稿者: OK 投稿日:2018年 4月 2日(月)23時25分11秒 global221-42-089.aitai.ne.jp  通報   返信・引用

私は一時平尾氏の依頼を受け、IOMクラス協会の設立準備をお手伝いしましたが、現在はそのメンバーではありません。
また、過去にJMYS役員を2期6年ほど務めましたが、現在は役員ではありません。
ですので、中立的な立場で申し上げます。


日本IOMクラス協会について

先日立ち上がった日本IOMクラス協会は、国際クラス協会(ICA)から2017年に認可を受け、ICAの指導のもとで設立された正式な組織です。
IOMクラスが日本に導入されたのが1994年以前ですので、約25年間経ったわけですが、その間日本にはIOMクラス協会がない状態でした。
ご存じない方も居られるかもしれませんが、IOMクラスはクラス協会の組織がしっかりしており、クラス協会が中心となり活動しているヨットです。
これは特別なことでなく、実艇の世界ではそれが普通のことで、クラス協会がないクラスはほとんどないといってもいいかもしれません。
IOMクラスの艇が浮いている国にはその国のクラス協会が存在し、その代表選手が世界選手権やヨーロッパ選手権に出場し、競技を行っています。
前述のように、日本には長らくIOMクラス協会がありませんでしたので、主要大会に参加する場合は「ゲスト」として参加せざるおえませんでした。
漸く日本IOMクラス協会が設立されましたので、日本のIOMが国際組織に認知・登録され、加入により世界のIOMセーラーの一員に加わることが実現しました。


クラス協会設立の経緯について

直接のきっかけは、2015年のUSAワールドに参加したときでした。
日本から4名の参加希望者が出ました。(梅林、竹本、平尾、岡田、敬称略)
そのため、ICA会長のFred氏に直接メールで相談したところ、2名ゲスト枠を確保してくれるとのことでした。(2名は直近の主要レースの成績で決定されました)
そのとき、日本にもクラス協会を設立しないかとの勧誘がありました。(このことはRM全日時に石川氏に話をしました)
帰国後は、平尾氏が中心となり協力者を募り、クラス協会設立の準備に入りました。
組織としては、IOMクラスの活動の歴史や財力を考慮すると、JMYS内にクラス協会を設立するのが最もよいであろうということになりました。
そしてJMYSにクラス協会設立を依頼し、ゲタを預けました。
しかし、その後半年経っても何ら動きがなく、JMYSから担当者が辞任するという事態に陥りました。
これではせっかくの機会を逸してしまうという危機感より、再度平尾氏が担当者に声をかけ、JMYS外に設立準備組織を立ち上げました。
そして平尾氏が中心となり設立準備を行うむねをJMYSに伝え、協議が行われました。
その席で池田会長、役員は「平尾氏を中心とする設立準備組織に一任する」という回答をしました。
しかし、数ヶ月後それは撤回されました。(その理由はJMYS内のことですので定かではありません)
そういったJMYSの対応は設立準備メンバーの不信感を高めることとなりました。
その後、2017年の夏にICAより協会設立の認可がおりました。
その秋の36級全日時に設立準備組織とJMYS間で協議が行われ、「IOMクラス協会はJMYSと協力してイベントを開催・運営していく、資金面の融通をする、窓口は宮田氏とする」
という回答がありました。
しかしその後総会で反故されてしまいました。
その結果、IOMクラス協会はJMYSとは無関係の組織として設立され、「日本IOMクラス協会」として立ち上がった訳です。

この経緯をみていただいてお判りのように、約2年にわたり設立準備委員は辛抱強くJMYSと向き合い、協議を持って推進してきました。
ですので、一部のJMYS役員が指摘する、個人が勝手に設立した組織というのは不適切です。
日本IOMクラス協会は、IOMオーナーが組織し、国際クラス協会(ICA)から認可を受け、ICAの指導のもとで設立された正式な組織といえます。

岡田



[69] Re: 「JMYS会員の皆さんへお知らせ」について

投稿者: 競技部長 兵藤 投稿日:2018年 4月 2日(月)20時19分30秒 112-71-203-114f1.osk1.eonet.ne.jp  通報   返信・引用 > No.68[元記事へ]

岡田さん
私は、昨年の36/600の全日本選手権は、運営のお手伝いに参加しましたが、
夜の懇親会で酔いつぶれ、先に寝かせていただきました。
従って、IOMの話し合いには、参加しておりません。
他の参加者にご確認ください。
あなたも、酔っておられたのかもしれませんね。
兵藤

> 36級全日時の協議ですが、池田会長の仰るように事前にJMYSに申し入れが行われ、池田会長、宮田副会長(故人)、兵頭氏とIOMクラス協会の設立メンバーほとんどが参加され、
> JMYSとIOMクラス協会の関係や資金面の話、窓口(JMYS側の)をどうするかなど、かなり具体的な内容に及びました。
> その結果、「IOMクラス協会はJMYS傘下で協力してイベントを開催・運営していく、そして資金面の融通をする、また窓口は宮田氏とする」 など決定されました。
>
> しかしその後、JMYS総会が行われ、この決定は反故されてしまいました。
> ここで重要なことは、クラス協会の運営費用ですが、協議後は0でいけると予測されていましたが、反故されたため1000円となり、IOM所有者に負担がかかることになってしまいました。
> また、クラス協会がJMYS傘下であれば、IOM所有者はもれなくクラス協会会員となれたはずですが、それはかないませんでした。
>
>
> 私は36級全日時の協議後、これでうまくいくなと胸を撫で下ろしたのですが、いつの間にか逆方向にことが進み残念に思いました。
> JMYS総会ではIOMクラス協会を断罪し、対立する方向だったと聞いています。
> ほんとうにそれでいいのでしょうか?
> JMYS会員はこの状況をどう捉えているのでしょうか。
> 一部役員だけで物事を決め、迷走・混乱させるのは止めて、一度会員の意思を確認する必要があるのではないですか?
> 正直に言って、JMYS役員の考え方や、役員としての資質を疑ってしまいます。
> これは小生だけではないと思います。



[68] Re: 「JMYS会員の皆さんへお知らせ」について

投稿者: OK 投稿日:2018年 4月 2日(月)11時28分24秒 global221-42-089.aitai.ne.jp  通報   返信・引用

36級全日時の協議ですが、池田会長の仰るように事前にJMYSに申し入れが行われ、池田会長、宮田副会長(故人)、兵頭氏とIOMクラス協会の設立メンバーほとんどが参加され、
JMYSとIOMクラス協会の関係や資金面の話、窓口(JMYS側の)をどうするかなど、かなり具体的な内容に及びました。
その結果、「IOMクラス協会はJMYS傘下で協力してイベントを開催・運営していく、そして資金面の融通をする、また窓口は宮田氏とする」 など決定されました。

しかしその後、JMYS総会が行われ、この決定は反故されてしまいました。
ここで重要なことは、クラス協会の運営費用ですが、協議後は0でいけると予測されていましたが、反故されたため1000円となり、IOM所有者に負担がかかることになってしまいました。
また、クラス協会がJMYS傘下であれば、IOM所有者はもれなくクラス協会会員となれたはずですが、それはかないませんでした。


私は36級全日時の協議後、これでうまくいくなと胸を撫で下ろしたのですが、いつの間にか逆方向にことが進み残念に思いました。
JMYS総会ではIOMクラス協会を断罪し、対立する方向だったと聞いています。
ほんとうにそれでいいのでしょうか?
JMYS会員はこの状況をどう捉えているのでしょうか。
一部役員だけで物事を決め、迷走・混乱させるのは止めて、一度会員の意思を確認する必要があるのではないですか?
正直に言って、JMYS役員の考え方や、役員としての資質を疑ってしまいます。
これは小生だけではないと思います。



[67] Re: Reレース運営スタッフについて

投稿者: 競技部長 兵藤 投稿日:2018年 4月 1日(日)22時18分45秒 112-71-203-114f1.osk1.eonet.ne.jp  通報   返信・引用 > No.63[元記事へ]

伯井さん

現在、日本国内において JMYSは日本代表選考レースを主催していません。
今後 各クラスにおいて その機運が高まれば実運用として必要になってきます。
その際は 適切な人材がその役を担当し 運用を進めていく事となります。

また各クラス全日本選手権の支部予選は以前にも検討をされましたが 日本国内において
参加艇数が乏しく選手権開催が厳しい状況から現在省略して運用しています。
その対応として各支部においてレベルのボトムアップに尽力頂いています。
ルールの厳守はご指摘の様に絶対なものとして 今体制になり より 各地へ赴き周知活動に精励しているところです。
RCヨットは ディンギー等の経験を経てエントリーされた方や 模型からエントリーされた方など経歴が様々で活動に時間が掛かっているところです。
各支部においてもその活動に期待しているところです。


> 兵藤競技委員長
>
> いつも大変お世話になっております。
> JMYS 並びに各クラス役員様が公平なレガッタを行う為に各役員様がレースに参加しないでください。と申しましたが、前投稿にもありました通り
> 選考が掛かったレガッタを対象にしております。
> やり方によれば、各役員様でも全日本に参加出来ると思います。
> 例えば、全日本の上位10艇を選考レースに参加出来る権利を与えた場合、新たに選考レースを開催することになります。しかし、この選考レースに各役員様は、参加が出来ないと言う事です。
> 追記
> ワンメータークラスの場合
> 各支部で全日本予選も検討して頂きたいと思います。
> 昨年、全日本ワンメーターに参加させて頂きましたが
> ルールを守らない選手が多くいらしゃる様に感じましたので、是非ともご検討の程、よろしくお願いします。
>



[66] Re: 「JMYS会員の皆さんへお知らせ」について

投稿者: 競技部長 兵藤 投稿日:2018年 4月 1日(日)22時11分54秒 112-71-203-114f1.osk1.eonet.ne.jp  通報   返信・引用 > No.64[元記事へ]

> 漸くお役が終わり、RCヨットや実艇のサイトを見ていました。
> 最近のヨット界の発展振りに目を見張るばかりです。
>
>
>
> 昨年の36級全日のときのことでした。
> JMYS役員とIOMクラス協会関係者間で、今後のIOMクラスの進め方や両協会の関係やついて協議が行われました。
> 池田会長、役員は「IOMクラス協会と協力していく、そして資金の融通をする」と約束されました。
> それにも拘らず、なぜ総会でその約束を反故されたのですか?
>
>
> また、いまさらなぜJMYSに相談や承諾を得ることなしに突然設立申請をICAに行い、受理されてしまったなどと虚言を記入されたのですか?
> 数年前よりIOMクラス協会関係者はことあるごとに重要な案件はJMYS役員に伝え、相談してきたはずですが・・
> 私だけでなく、JMYS会員に納得の行く説明をお願いします。
>
> 岡田
>
>
>
>
>
> > 最近「JMYS会員の皆さんへお知らせ」としてJMYSメンバー等に配信されたメールは
> > 「日本IOM NCA」があたかも、JMYSの承諾を得て設立されたようにとれる表現になっていますが、
> > JMYSとして、別組織NCAの設立を承認・依頼したり任せたことは一切ありません。
> > JMYSとして「限られた条件下この問題にどう対処すべきか」を役員会等で検討を重ねてきた
> > のはホームページで表明した通りです。
> > その最中の昨年8月、数名のメンバーがJMYSに相談や承諾を得ることなしに突然設立申請を
> > ICAに行い、受理されてしまったのです。申請を行えば、仮に一人のメンバーでも受理されることに
> > なっている以上この事実は、JMYSとしてはいかんともしようがありません。
> > 今後、JMYSとしては従来通りIOMクラスルールにより計測・登録された艇による各支部の例会、
> > あるいは全国大会を開催いたします。ただ、今後ICAとの話し合いの結果によってはレースの
> > 名称を「ワンメーター級」等に変更することもあるかもしれません。
> >
> >                          以上
> >



[65] Re: 「JMYS会員の皆さんへお知らせ」について

投稿者: 会長 池田 投稿日:2018年 4月 1日(日)22時10分6秒 p3b92bd32.narant01.ap.so-net.ne.jp  通報   返信・引用 > No.64[元記事へ]

岡田さん

36/600クラス全日本選手権懇親会後のMTG参加の依頼があった際、前提として 主要メンバーがそろっていなく 告知のされていない席での話は 公式なものとしないと断った上の会話の一部で前後の文脈が欠落しており内容に誤解を招きかねません。一文のみの表記となりますとそれは 約束したとはなりません。
JMYSが 進めてきたNCA設立に向けてのスケジュールの一部となります。
しかしながら そのスケジュール(準備)とは 違った経過で内容を知らされず 申請手続きがなされ完了しました。
この事実内容は NCA代表の平尾氏に確認頂ければと思います。
また JMYSは NCAを否定していません。RCヨットを広く普及させるものと考えています。

よろしくお願いします。



> 漸くお役が終わり、RCヨットや実艇のサイトを見ていました。
> 最近のヨット界の発展振りに目を見張るばかりです。
>
>
>
> 昨年の36級全日のときのことでした。
> JMYS役員とIOMクラス協会関係者間で、今後のIOMクラスの進め方や両協会の関係やついて協議が行われました。
> 池田会長、役員は「IOMクラス協会と協力していく、そして資金の融通をする」と約束されました。
> それにも拘らず、なぜ総会でその約束を反故されたのですか?
>
>
> また、いまさらなぜJMYSに相談や承諾を得ることなしに突然設立申請をICAに行い、受理されてしまったなどと虚言を記入されたのですか?
> 数年前よりIOMクラス協会関係者はことあるごとに重要な案件はJMYS役員に伝え、相談してきたはずですが・・
> 私だけでなく、JMYS会員に納得の行く説明をお願いします。
>
> 岡田
>
>
>
>
>
> > 最近「JMYS会員の皆さんへお知らせ」としてJMYSメンバー等に配信されたメールは
> > 「日本IOM NCA」があたかも、JMYSの承諾を得て設立されたようにとれる表現になっていますが、
> > JMYSとして、別組織NCAの設立を承認・依頼したり任せたことは一切ありません。
> > JMYSとして「限られた条件下この問題にどう対処すべきか」を役員会等で検討を重ねてきた
> > のはホームページで表明した通りです。
> > その最中の昨年8月、数名のメンバーがJMYSに相談や承諾を得ることなしに突然設立申請を
> > ICAに行い、受理されてしまったのです。申請を行えば、仮に一人のメンバーでも受理されることに
> > なっている以上この事実は、JMYSとしてはいかんともしようがありません。
> > 今後、JMYSとしては従来通りIOMクラスルールにより計測・登録された艇による各支部の例会、
> > あるいは全国大会を開催いたします。ただ、今後ICAとの話し合いの結果によってはレースの
> > 名称を「ワンメーター級」等に変更することもあるかもしれません。
> >
> >                          以上
> >


レンタル掲示板
74件の内、新着の記事から10件ずつ表示します。

お知らせ · よくある質問(FAQ) · お問合せ窓口 · teacup.レンタル掲示板

© GMO Media, Inc.